2018-03-27

Windowsは文字キーを押している間、タッチパッドやボタンでクリックできない

久々にWindowsを使用していると、「文字キーを押している間はタッチパッドやボタンでクリックできない」現象に遭遇したのでメモ。

この現象、Microsoft Supportによると不具合でも何でもなくて期待された振る舞いとのこと。

文字入力中にタッチパッドに手が触れてクリック暴発、カーソルが飛んであらぬところに文字入力。
そんな悲しい事故を防ぐために、キー入力中はOS側でクリックを一時的に無効にしてくれるという親切機能。

Accidental Activation Prevention (AAP)という御大層な名前がついており、Windows8.1で強制導入された。

邪魔なので無効にする

Windows10の場合、設定 > デバイス > タッチパッド から「タッチパッドの感度」を「最大の感度」にすると無事クリックできるようになる。

詳しくはMicrosoft Supportで

Microsoftが忘れ去ってしまったもの、この機能によって完全に失われてしまったもの

そう。
射撃しつつ前進だ。